車のロードノイズ対策と騒音

ロードノイズ対策やデッドニング作業の背景

車のノイズ対策について私なりに自分で突き詰めた内容をお伝えしたいと思います。
近年では道路の舗装状態も良くなり、タイヤの性能も著しく上がってきたために騒音対策が進んでいます。一方騒音に対する要望も高くなってきたために様々な騒音対策が生まれてきました。
私の住んでいる住居の脇に高速道路を建設中です。高速道路に建設に欠かせない対策が道路の騒音対策。
近所の公園には騒音を感知する建物が建設されました。
高速道路の騒音対策の一環です。塀も高い壁ができており騒音に悩まされないと安心なのですが、壁を見ていると閉塞感も漂ってきます。良し悪しな面があると思います。

一方、車の騒音対策も進んでおり近年ではエコカーを代表する電気自動車の騒音は全くと言っていいほど静かですね!車に乗っていてもうるさいエンジン音がないために車内空間はとても快適です。プリウスの初期型が発売されたときは、あまりにも静寂すぎて交差点での衝突が増えたり、歩行者との接触も増えるのではないかととても心配しましたが、今のように当たり前になってくると違和感が全くありません。それだけエコカーが浸透してきました。
昔は音のうるさいエンジン音にあこがれを持っていましたが、今では法規制も変わり、爆音の車両は車検にも通らないように変更がなされています。
そのうちに無音状態が続く日がやってくるのでしょうか!

エコカー対策としてはクリーンディーゼルエンジンも主流で補助金を出しまでもエコカーを浸透させようと政府の対策も進んでおります。
がしかし、クリーンディーゼルエンジンの補助金も年々減額しており、そのうちに無くなる日も近づいてきますね。
ディーゼルエンジンはトルク(パワー)が高く、燃費も良く、且つ安いのが魅力です。しかも取得税もかかりません。なにからなにまで至れり尽くせりなのです。本当に魅力ですね。
が、しかし・・・・・・・デメリットは一つ!!!!!
なんて言っても「エンジン音がうるさい」(#^.^#)
是さえ解消できれば何も言うことがないくらいなのですが・・・
クリーンディーゼルエンジンのハイブリッド車!魅力だな~~~

さて、騒音と言えば車内の騒音はとても深刻です。
調査結果によるとある一定の騒音をずっと聞き続けるとストレスが増えると言われています。ロードノイズを聞き続けると体の疲れがたまるともいわれています。近年では軽量化、エコ、資源の無駄遣いなど様々な角度から車両重量が減っているためにノイズ対策も軽量化されています。
そのためにちょっとした悪路を走ると騒音がとても気になります。
居眠り運転防止の観点からも道路にタイヤ音が響くような設定の高速道路もあり騒音を減らす反面、増えている面もあります。

ドアのデッドニング作業でロードノイズ軽減

買ったばかりの車のドアは、気密性はあまり優れていません。ドアは、十分に音や空気を閉じ込めてくれるとは限らないのです。
なぜドアの気密性に問題があるかというと、穴です。細かく観察すると分かりますが、ドアにはたいてい穴が空いています。特にドアの下側に複数の穴が空いていますが、それは音を漏らしてしまう訳です。車の外に音が漏れてしまえば、車内で音楽を楽しめなくなってしまいます。音漏れによる、周囲への迷惑も心配です。
しかし車のデッドニングを行ってみると、状況は大きく変わります。デッドニングの施工は、基本的には車のドアの鉄板を強化するのです。それにはドアが振動するのを防ぐ効果もありますが、何よりも気密性を高めてくれるのです。きちんとドアという蓋が閉じられるようになれば、車内の音が外に出てしまう事もありませんし、音楽も楽しめるようになります。特に低音域の音質は、かなり大きく変化しますし、デッドニングは検討してみる価値があります。車のデッドニングを行う理由について


愛車の車内を快適な空間にするためのデッドニングって?
長時間車に乗る前にやっておきたいこと!これでストレスから解消できるフルデッドニング


デッドニングの効果

ドアスピーカーから流れてくる音は、あまり良くないという声は多いです。なぜ音質が優れていないかと言うと、バランスに難があるからです。
そもそも音には、色々な種類があります。やや高い音もあれば、低音もあるでしょう。その色々な種類の音がバランス良く出てくれば、特に音質は問題ありません。しかしドアスピーカーは、全ての音をバランスよく出せる構造になっていないのです。ドアが振動してしまう都合上、どうしても音が偏ってしまう傾向があります。ですから車内で音楽を楽しみたいなら、何とかバランスを調整したいものです。
どうすれば調整できるかと言うと、車のデッドニングという方法があります。ドアの鉄板を強化する施工を行うのですが、それを済ませると振動は確実に軽減されます。
何よりも、上述の音のバランスに関する効果があります。一旦は施行を終えておけば、複数の種類の音がバランス良く出る状態になるからです。ですからバランスが気になる時は、デッドニングを検討してみる価値があります。

そのようなときにはやはり後付けでやるしかありません。
デッドニングとかロードノイズ対策です。専門の業者も数は少ないですが存在ますので、車の騒音が気になったら是非お勧めしたいアイテムです。

車外からの騒音を防ぐ方法は、色々あります。デッドニングは、その中でも代表的な方法になります。やはりロードノイズが気になる時は、デッドニングの施工を行っておく方が良いでしょう。費用を抑えたい時はDIYがおすすめですが、それにも数点のポイントがあります。

ノイズが気になる時はデッドニングがおすすめ

ロードノイズ対策は色々あって、例えばタイヤを交換してみる方法もあります。現に車外からの騒音は、たいてい車の下側から聞こえてきます。タイヤを交換してみれば、その音が聞こえなくなるケースも多いです。
ですがタイヤを交換するのは、なかなか大変です。慎重にタイヤを選ばないと、あまりロードノイズをカットできない事もあります。
そもそも、ロードノイズは車の下から聞こえてくる訳ではありません。風切り音やボンネットから聞こえてくる事もあります。それらの音は、タイヤ交換で防げる訳ではありません。
それよりも、むしろデッドニングがおすすめです。いわゆる吸音材を設置する方法ですが、それなら下側以外からの騒音も防ぐ事ができます。
実際デッドニングを行ってみたら、随分ストレスが減ったという声も多いです。高速道路などを走る機会が多いなら、デッドニングはおすすめです。

デッドニングの2つの方法とDIYの費用

ところでデッドニングには、主に2つの方法があります。専門業者に施工を行ってもらうか、DIYです。
前者の専門業者は、作業を代行してくれるメリットはあります。あまり手間をかけたくない時は、確かに専門業者もおすすめです。
しかし専門業者に依頼すると、費用も高くなってしまう傾向があります。業者によって料金も異なりますが、たいてい数万円台になります。
それよりもDIYの方が、費用を抑える事ができます。多少は時間をかける必要はあるものの、そこまで出費は大きくありません。

DIYのデッドニングと2つのポイント

ところでDIYのデッドニングを検討しますと、技術の問題が浮上してくる事もあります。今まで一度も施工を行った事がなければ、果たしてきちんと施工を済ませられるか不安になってしまう事もあるでしょう。
確かにDIYのデッドニングは、失敗してしまうケースもあります。しかしポイントを押さえておけば、そこまで難しい作業ではありません。
主なポイントは2つあって、1つ目はキットです。慣れない内は、専用キットを買ってみると良いでしょう。もう1つのポイントは隙間です。デッドニングは、ぴったりと貼り付ける必要があります。

デッドニング用品を買う方法

DIYの場合、まずデッドニングの用品を買わなければなりません。買う方法は複数あって、例えばカー用品のお店です。カー専門店に行けば、多彩なジャンルの商品を販売しているでしょう。中にはデッドニングの商品もあるのです。
それと通販です。通販は、品揃えは非常に多いです。カー専門店よりも多くの品物を揃えているネットショップもありますし、レビューなども確認できますから、そこで買ってみる方法もあります。

不明点を質問できるカー用品店

ではカー用品店と通販のどちらが良いかというと、ロードノイズ対策にあまり詳しくなければ、カー用品店も悪くありません。ロードノイズ対策に関する作業を経験した事がなければ、色々分からない点もあるでしょう。施工のコツや各製品の特徴など、色々ポイントはあるのです。
その点カー用品店なら、店員に不明点を質問できます。疑問を解決しながら商品を選べるのは、カー用品店の強みの1つです。

複数の道具を選ぶのは大変

ところでロードノイズ対策の施工のためには、色々道具を揃えなければなりません。その種類はとても多いです。
吸音材を買う必要がありますし、制振材やヘラなど色々買う事になるのです。複数の道具を揃えなければなりませんから、お店で選ぶのは少々大変だと感じられる事があります。
そもそも吸音材にしても、実に多彩な商品があります。数多くの商品の中から選んでいくのも、少々大変です。しかも吸音材だけでなく、他にも色々な道具を選ぶ必要があります。他種類の道具をお店で選んでいくのは、とても大変です。

面倒な時は専用キットが便利

このためロードノイズ対策の作業に不慣れな内は、専用キットを買う方が無難です。専用キットは、複数の道具がセットになっています。多種類の吸音材をワンセットで買えますから、あまり手間がかかりません。
ただし専用キットは、カー用品店では販売されていない事が多いです。どこでキットを買えるかというと、通販なのです。一通りの材料は揃える事ができますから、面倒な時は通販にすると良いでしょう。
値段はキット次第ですが、高くても2万円台になります。キットによっては、13,000円くらいで買える事もあります。

デッドニングの施工を行ったら音質が悪くなってしまった

ところでロードノイズ対策の目的は、もちろん騒音をカットする事です。上述の専用キットに含まれている吸音材を取り付けていけば、確かに騒音をなくす事はできます。
ただ問題は、スピーカーの音質の変化です。デッドニングの道具は、色々な場所に取り付けていく事になります。その中にはドアも含まれるのです。
デッドニングに不慣れな方々は、たまに失敗してしまっています。吸音材を取り付けたのは良いですが、ドアスピーカーから発せられる音質が悪くなってしまうケースが、たまにあります。状況によっては、スピーカーから音が聞こえなくなってしまう事もあるのです。
ロードノイズをカットできるのは良いですが、スピーカーからの音が悪くなってしまうのも困ります。ですが、それには理由があって、たいてい施工が間違っているからです。

デッドニングを取り付ける時の隙間は要注意

デッドニングは、吸音性能がある材料を色々取り付けていく事になります。
例えばドアにデッドニングを取りつける時には、まずはビニールを剥がす事になるのです。ドアの内張り部分を剥がしてみると、たいてい専用のビニールが取り付けられています。専用の接着剤で取り付けられていますから、まずはそれを取り外す訳です。
一旦外したら、改めてデッドニングの吸音材などを取り付けていきます。その取り付けの際に、隙間が空いてしまうケースが多々あるのです。
吸音材が十分な性能を発揮する為には、隙間は禁物です。隙間の部分から、ロードノイズが聞こえてきてしまいますし、スピーカーの音を悪くしてしまう原因になります。DIYでデッドニングの作業を行う時は、隙間なく吸音材を取り付けていく必要があります。

スピーカーに材料を付け過ぎない

ただ隙間を無くすと言っても、スピーカー周辺に吸音材を付けすぎてしまうのは、あまり良くありません。余りにも吸音材を設置しすぎてしまいますと、スピーカーからの音が吸収されてしまいます。車内で音楽などを楽しめなくなりますから、付け過ぎは要注意です。
ドア周りのデッドニングは、スピーカーからの音の通り道を作ってあげると良いでしょう。慣れない内は、それで失敗してしまうケースが多いので、注意が必要です。

吸音材のサイズをあまり大きくし過ぎない

それと吸音材の大きさも要注意です。気になる場所に材料を取り付けるにしても、あまり広く貼り付けてしまうのは良くありません。
例えばドアの一部分に穴が空いているとします。ロードノイズは、その穴から入ってくるのです。ですから騒音が気になる時は、吸音材で穴を塞いであげる必要があります。ただし穴を大きく塞ぐのは、あまり好ましくありません。
例えば穴の大きさは、せいぜい10平方センチだとします。そこに100平方センチもの吸音材を取り付けるのは、あまり良くありません。穴の大きさと比べると、吸音材が大きすぎるのです。
むやみに吸音材のサイズを大きくしてしまいますと、一部分が浮いてしまう事があります。吸音材の中に隙間ができたような状態になってしまうのです。
しっかり吸音材が取り付けられていないと、劣化を招いてしまいます。ですから材料は、適度な大きさにするべきなのです。
幸いにも専用キットの吸音材は、かなり小さめなサイズにカットされています。扉周辺に取り付けるなら、やや小さめな材料も使ってみると良いでしょう。

デッドニングの取り付けが完了した後の確認作業

そして一通り貼り付けた後は、必ず確認作業を行う必要があります。貼り付けて完了ではなく、問題点が起きないかどうかを確認する方が無難なのです。
もしも吸音材の貼り付けが甘ければ、隙間から何かが入ってきてしまう可能性があります。扉に吸音材を貼り付けても、隙間が空いていれば雨水が入ってくる可能性もあるでしょう。それでは困るので、確認作業を行う方が良いのです。
どうやって確認すれば良いかというと、窓ガラスへの水の吹き付けです。DIYの施工が一通り完了したら、ホースから水を勢いよく出して、窓ガラスに吹きつけてみると良いでしょう。
吹きつけてみた結果、扉から水などが侵入してこなければ、設置は問題ありません。隙間なく取り付けられているので、水は入ってこないからです。
逆に、水が入ってきてしまうようでは困ります。雨が降ってきた時に、扉や天井から水が侵入するのは困るでしょう。また水が入ってくるようでは、気密性にも問題があります。それを確認する為に、ホースから水を勢い良く出してみる訳です。

隙間なく貼れば特に問題は無いDIY

DIYのデッドニングを経験した事が無いと、色々不安点が浮上してしまう傾向があります。難しそうなので、デッドニングの専門業者への依頼が検討される事もあるでしょう。しかし専門業者は、上述の費用のデメリットがあります。
ですがDIYは、「隙間なく設置する」という点をしっかり押さえておけば、実はそれほど難しい作業ではありません。ホースから水を出して、きちんと確認作業を行っておけば、たいてい問題ありません。
費用も格安ですし、まずはDIYを試してみると良いでしょう。それでも難しいようなら、専門業者に任せるのがおすすめです。

PR|JALカード|女性向けエステ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|副業ランキング|