デッドニングによるロードノイズ対策とその主なメリット

車が走っている場所によっては、かなりの騒音があります。車を運転している方々からすると、その騒音は深刻です。かなりストレスが高まってしまうので、何とかしたくなる事もあるでしょう。ロードノイズ対策としては、やはりデッドニングがおすすめです。

高速道路の騒音が気になる

ロードノイズの事例で多いのは、高速道路です。車が高速運転する都合上、風切り音もかなり大きくなります。人によっては、その騒音が鼓膜に響いている事さえあります。
そうかと思えば、下側からの音もあります。高速運転していれば、タイヤの部分から音が聞こえてくるのです。一般道と違って、かなり大きな音が聞こえてくる事もあります。
その他にも、ボンネット部分からの共振もあります。車の騒音は、振動との関連性があるのです。ボンネット全体がかなり大きく揺れてしまい、それこそスピーカーからラジオの音が聞こえなくなる事もあります。高速道路での騒音は、かなり深刻なのです。

タイヤ交換によるロードノイズ対策とその問題点

高速道路に限らず、大きな騒音が気になってしまう状況は色々あります。いずれにしても騒音が深刻な時は、何とか対策を施す必要があるでしょう。いわゆるロードノイズ対策です。
ロードノイズ対策は、色々やり方はあります。たいていは車のタイヤの部分から騒音が聞こえてきますから、タイヤを交換してみるやり方もあるのです。
そもそもタイヤによっては、出てくる騒音の程度がかなり大きいことがあります。燃費や耐久性などを優先したタイヤの場合、騒音が犠牲になっている事もあるのです。多少大きな音は出るものの、耐久性は優れているタイヤもあります。
ですがロードノイズが気になる場合は、別のタイヤに交換する選択肢もあるでしょう。静粛性があるタイヤにしてみる訳です。
しかしタイヤを交換するのは、やや費用も高くついてしまう傾向があります。買うタイヤにも左右されますが、4つセットなら1万円を超えてしまう事も多いです。
しかも交換したタイヤは、必ずしも静粛性を実現してくれるとは限りません。交換してみたものの、あまり静かにならない可能性もあります。せっかく1万円ほど支払ったのに、ロードノイズがあまり解消されないのは困るでしょう。

アルミテープという方法はどうなのか

タイヤでなければ、実はアルミテープというやり方もあるのです。というのも下側から聞こえてくるロードノイズには、静電気が関わっている事もあります。タイヤのアルミ部分から静電気が発せられ、気になる騒音が出てきてしまうケースもあるのです。
その場合アルミテープを貼り付けてみると、実はロードノイズが解消される事があります。静電気の影響は、思った以上に大きいのです。
ただしアルミテープにもデメリットはあって、通電性能があるテープでなければなりません。電気を通さないアルミテープですと、貼り付けてもあまり意味がありません。
またアルミテープという手段は、あくまでも下回りから聞こえてくるロードノイズだけに効果を発揮します。風切り音などは、もちろんアルミテープでは防ぐ事はできません。

デッドニングによるロードノイズ対策

上述のような方法よりも、やはりデッドニングが一番無難です。デッドニングとは、気になる箇所に吸音材などを設置する方法になります。
例えば下回りからの騒音が気になる時には、床面にデッドニングの施工を行ってみる方法があるのです。多少の手間はあるものの、デッドニングを行っておくだけでも、だいぶ静かになります。
その他にも、車の扉にデッドニングの施工を行ってみるのも有効です。風切り音などは、車の扉から聞こえてくる事も多々ありますから、悪くない方法ではあります。

デッドニングでスピーカーの音も良くなる

なお車の扉に対するデッドニングは、ドアスピーカーに関する効果もあるのです。そのスピーカーから聞こえてくる音は、必ずしも良好であるとは限りません。何も施工を行っていなければ、むしろ音質に難があるケースが目立ちます。
その理由の1つは、車の扉が振動してしまうからです。スピーカーから発せられる音で扉が震えてしまうので、音質が落ちてしまうケースがしばしばあります。
しかしデッドニングは、扉の振動を抑制してくれる効果があるのです。ですから車内で音楽などを楽しみたい時は、扉にデッドニングの施工を行ってみるのも悪くありません。

毛布や布団のような役割を果たしてくれるデッドニング

デッドニングの施行によって騒音の問題が解消される原理は、ある意味布団や毛布のようなイメージになります。住宅での騒音問題が気になる時は、実は布団や毛布という方法も悪くないのです。
例えば隣の部屋から物音が聞こえてきていて、明らかに押入れから聞こえてくる状況です。毎晩その物音が気になるので、夜も眠れない状況だとします。その場合は、押入れに毛布などを収納しておくやり方もあるのです。
というのも毛布や布団は、音を吸収してくれる性質があります。押入れに響いている音も、毛布が吸収してくれるのです。ですから気になる箇所に毛布を仕込んでおくだけでも、騒音の問題が解消されるケースは多々あります。
デッドニングも、ある意味その仕組みに似ているのです。もちろん車の扉や床面に毛布や布団などを設置するのは、現実的ではありません。布団の代わりに、吸音材を仕込むことになります。もしくは振動を吸収してくれる材料を仕込んで、騒音が聞こえないようにします。

色々なロードノイズに対応できるデッドニング

デッドニングによるロードノイズ対策には、様々なメリットがあります。その方法なら、多彩な騒音に対応できるからです。
確かにロードノイズを軽減したいなら、タイヤを交換してみる方法もあるのです。しかしタイヤを交換したところで、風切り音やボンネットの共振まで防げる訳ではありません。
その点デッドニングによるロードノイズ対策なら、たとえ風切り音やボンネット共振でも防ぐ事ができます。もちろん下回り部分からのロードノイズも、防げるようになるのです。ですから色々な箇所からのロードノイズが気になる時は、タイヤを交換するというより、やはりデッドニングがおすすめです。

費用と確実性のメリットがあるデッドニング

それとデッドニングには、費用に関するメリットもあります。他の方法と比べると、費用を低く抑えられる事も多いのです。
上記でも少々触れましたが、タイヤを4つ交換するのは1万円以上かかってしまうケースがよくあります。しかしDIYのデッドニングなら、もっと費用を抑える事も可能です。購入する製品次第ですが、たいていは数千円前後の出費で済みます。タイヤを交換するよりは、格安になるでしょう。
しかもデッドニングなら、効果の確実性のメリットもあります。タイヤを交換する方法ですと、必ずしもロードノイズをカットできるとは限りませんが、デッドニングの方が確実性があります。床面に吸音材を設置する方が、むしろノイズを大きく軽減できる事も多いです。

ロードノイズでストレスの悩みを解消

またデッドニングによるロードノイズ対策は、ストレスを軽減してくれるメリットもあります。高速道路での悩みが解消するメリットは、とても大きいです。
例えば、話し声に関するメリットがあります。高速道路を走っている時に、気になる騒音が響き渡ってしまうと、同乗者に話すのも一苦労です。同乗者に話そうにも、ロードノイズの音量が大きいと、わざわざ大きな声を出さなければなりません。それは少々大変です。
また音楽やラジオに関する悩みもあります。高速道路のロードノイズが大きければ、ラジオの音量も上げざるを得ません。音楽も同様です。
しかしデッドニングの施工を行っておけば、上記のような悩みも解消できます。デッドニングでロードノイズを大幅にカットできれば、わざわざ同乗者に大きな声で話しかける必要もありません。ラジオの音量も、大きくする必要はなくなります。それでストレスも軽減される訳です。

専門業者にデッドニングを任せるメリット

ところでデッドニングには、2つの選択肢があります。専門業者に施工を任せる方法と、DIYがあるのです。デッドニングを検討する段階では、どちらにすれば良いか迷ってしまう事もあるでしょう。
どちらにすれば良いかは、やはりニーズ次第です。手間が気になる時は、やはり専門業者に任せる方が良いでしょう。
確かにDIYのデッドニングでも、ロードノイズ対策は可能ではあります。しかし自力で施工を行う事になりますから、慣れていない内は少々大変です。
それに対して専門業者によるデッドニングは、その面倒な作業を代行してくれる訳です。あまり手間をかけたくないなら、専門業者に任せる方が無難ではあります。

DIYのデッドニングと費用のメリット

しかし専門業者には、大きなデメリットが1つあります。料金はやや高くついてしまうのです。
確かに専門業者によるデッドニングは、クオリティーも優れている事が多いですし、面倒な作業を代行してくれるメリットはあります。しかし料金は総じて高めです。
現にある専門業者の場合は、デッドニングの代行費用は最低7万円になります。しかもそれは軽自動車に対するデッドニングで、車のタイプによっては更に料金が高めになってしまうのです。
それに対してDIYのデッドニングは、そこまで大きな費用はかかりません。購入する製品次第ですが、たいていは数千円前後の出費に抑える事ができます。
そもそもDIYのデッドニングでも、ロードノイズは十分にカットできる事も多いです。ですから出費を抑えたい時には、DIYのデッドニングにしてみると良いでしょう。

まとめ

いずれにしてもロードノイズが気になる時は、アルミテープやタイヤ交換というよりは、デッドニングで解消するのがおすすめです。DIYなら、そこまで出費も大きくありませんし、検討してみると良いでしょう。